北洋銀行—札幌医科大学包括連携事業「AIR-G'医の力~札幌医科大学 最前線~」番組収録冊子発刊記念「札幌医科大学 リレー公開講座」を開催しました

北洋銀行—札幌医科大学包括連携事業「AIR-G'医の力~札幌医科大学 最前線~」番組収録冊子発刊記念「札幌医科大学 リレー公開講座」を開催しました【7月28日開催】

画像スライド集

北洋銀行—札幌医科大学包括連携事業「AIR-G'医の力~札幌医科大学 最前線~」番組収録冊子発刊記念「札幌医科大学 リレー公開講座」
北洋銀行 石井 純二取締役頭取による開催挨拶
札幌医科大学 島本 和明理事長・学長による開催挨拶
第1部 テーマ「再生医療最前線」(座長:堀尾 嘉幸医学部長)のようす

写真の講演者は、山下 敏彦病院長で、テーマが「脊髄再生医療—脊損患者さんの機能回復を目指して—」

第2部 テーマ「最新医療最前線」(座長:大日向 輝美保健医療学部長)のようす

写真の講演者は、医学部循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座の三浦 哲嗣教授

 平成27年7月28日(火)、札幌医科大学臨床教育研究棟1階講堂において、北洋銀行—札幌医科大学包括連携事業「AIR-G'医の力~札幌医科大学 最前線~」番組収録冊子発刊記念「札幌医科大学 リレー公開講座」を開催しました。
 北洋銀行と本学は、包括連携事業の取組として、本学の教育・研究・診療情報を紹介するラジオ番組「医の力~札幌医科大学 最前線~」(AIR-G'エフエム北海道)を平成23年10月から平成27年3月末までの3年半にわたり放送しました。
 この公開講座は、平成26年度に放送した最新の放送内容を収録した冊子の発刊を記念して、本学の教授6名によるリレー公開講座として開催し、再生医療の最前線から、最新医療の話題までを分かりやすく紹介したものです。来場者の方には、参加特典として番組収録冊子を進呈しました。
 当日は、北洋銀行の石井 純二取締役頭取と本学の島本 和明理事長・学長の開催挨拶から始まり、第1部テーマ「再生医療最前線」、途中休憩をもうけ、第2部テーマ「最新医療最前線」と続き、本学の教授6名のリレー形式による講演を行いました。多くの地域住民や関係者の皆様にご来場いただき、どなたも最後まで熱心に聴講しておられました。
 公開講座で実施したプログラムは次のとおりです。

<プログラム>
第1部 テーマ「再生医療最前線」 座長:堀尾 嘉幸医学部長
1 「糖尿病性腎症の自己骨髄間葉系幹細胞療法」  医学部解剖学第二講座 藤宮 峯子教授
2 「脳梗塞の再生医療」 医学部附属フロンティア医学研究所神経再生医療学部門 本望 修教授
3 「脊髄再生医療—脊損患者さんの機能回復を目指して—」 医学部整形外科学講座 山下 敏彦教授(附属病院長)

第2部 テーマ「最新医療最前線」 座長:大日向 輝美保健医療学部長
4 「心臓病の予防と治療:最新の考え方・薬・デバイス治療」 医学部循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座 三浦 哲嗣教授
5 「脳の最先端手術」 医学部脳神経外科学講座 三國 信啓教授
6 「スポーツ医学の最前線」 保健医療学部理学療法学第二講座 渡邉 耕太教授

発行日:

情報発信元
  • 事務局経営企画課企画広報係