現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 写真ニュース
  3. 第5回すこやかライフ講座「お薬との賢い付き合い方!」

写真ニュース

第5回すこやかライフ講座「お薬との賢い付き合い方!」

第5回すこやかライフ講座「お薬との賢い付き合い方!」を開催しました【9月20日開催】

 平成26年9月20日(土)、札幌医科大学臨床教育研究棟1階講堂で、平成26年度第5回すこやかライフ講座「お薬との賢い付き合い方!」を開催しました。すこやかライフ講座は、本学と北海道新聞社との連携協定事業「健やか北海道プロジェクト」の一環として開催している道民向けの公開講座です。
 今回の講演は、本学医学部医療薬学の宮本 篤教授が、「お薬との賢い付き合い方!」をテーマに講演を行い、スライドを使って薬の種類や正しい飲み方、注意点などについて、次のような説明がありました。
  • 薬を飲む際は、薬の血中濃度を一定にすることで効果が保たれるため、「食前」「食後」「食間」などの服用時間をきちんと守ることが大切で、飲み忘れたからといって、一度に2回分を飲むのは薬の成分の血中濃度が上がりすぎて危険となる。飲み忘れた場合や飲んだかどうか分からないときは、次回から服用するようにして、不明な場合は、医師や薬剤師に相談をしてほしい。
  • 震災の際に、被災地で医療チームとして活動した際には、慢性疾患の患者さんへの処方にお薬手帳が大活躍した経緯があり、ぜひ、お薬手帳を活用してほしい。
  • 本年11月に施行される「改正薬事法」では、国民にも薬についての知識を深めるよう求める項目が盛り込まれており、医薬品の情報は“生き物”なので、常に最新の情報を入手するように心がけてほしい。
 また、患者向け医薬品情報については、下記「医薬品医療機器総合機構(PMDA):患者向医薬品ガイド」を紹介し、参加された方は、熱心にメモ取りながら聴講していました。

  • 発行日:2014年10月07日