第3回保健医療学部公開講座

第3回保健医療学部公開講座を開催しました【7月18日開催】

画像スライド集

理学療法学科 理学療法学第一講座 古名丈人教授による講演「高齢期を活動的に過ごすコツ」
公開講座の様子
公開講座の様子
公開講座の様子
公開講座司会 看護学科 看護学第一講座 門間 正子准教授
  7月18日(木)17時から、本学保健医療学部棟において第3回保健医療学部公開講座「高齢期を活動的に過ごすコツ」を開催し、30~70代までの約70名の皆さまにご参加いただきました。
  講師の理学療法学科 理学療法学第一講座 古名丈人教授は、健康長寿の秘訣として筋力減少症(サルコペニア)や認知症をはじめとする老年症候群を予防することの重要性について説明した後、運動習慣と認知症発症の関連について疫学的調査を紹介しました。また、身体活動の習慣化の必要性から習慣化のためのポイントや支援方法について、演習を交えた講演を行いました。
  参加者からは「講演を聞いて自分の健康に自信が持つことができた。元気な90歳を目指せるよう、いただいたアドバイスを実践したい!」との感想が寄せられました。
  次回、第4回公開講座は9月12日(木)17時から「免疫の成り立ちと病気~最近の話題から~」をテーマに、医学部附属フロンティア医学研究所 医生物学部門 一宮慎吾教授(前看護学科教授)が講演します。
   たくさんの皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

発行日:

情報発信元
  • 保健医療学部教務係