韓国カトリック大学臨床実習派遣

韓国カトリック大学臨床実習派遣学生が島本学長へ派遣報告を行いました【12月5日実施】

画像スライド集

左から:     塚本泰司国際交流部長、医学部5年大柴麻奈さん、島本和明学長、医学部5年長井悠さん、黒木由夫医学部長

報告の様子

報告の様子

報告の様子

 平成24年12月5日(水)、平成24年度韓国カトリック大学臨床実習への学生派遣事業に参加した本学医学部第5学年2名が学長へ派遣報告を行いました。

 韓国カトリック大学はソウル市内にあり、150年以上の歴史がある総合大学で、医学部は8つの附属病院と連携するなど特に有名です。本事業は、アジアで医学を学ぶ学生が共に臨床実習を行うことで、国際的な視野を身につけ専門的な知識を習得することを目指します。
 派遣報告では、学生から韓国と日本の違い(気候、文化、医療設備など)、臨床実習の成果や感想、また、今後の抱負が語られ、島本学長からこれからも海外で医療を学ぶ機会を得て欲しいなど二人にお話しされました。
 臨床実習は、11月5日(月)から11月30日(金)の期間中、2科目で実施されました。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課国際交流