利尻富士町との連携協定について

利尻富士町と連携協定を締結しました【3月26日】

画像スライド集

左から吉田利尻富士町長、黒木医学部長、長岡町議会議長

  3月26日、札幌医科大学と利尻富士町は、住民の健康と福祉の向上並びに人間性豊かな医療人の育成に寄与することを目的とした連携協定を締結しました。

昭和43年に地元に開設された医学部附属臨海医学研究施設の廃止に伴い、これまで利尻富士町と連携協力して進めてきた離島地域医療実習や公開講座、住民の健康と福祉の向上などに関し、相互の協力が可能な限りにおいてこれらの事業について、今後も連携していくとする内容です。

この日、利尻富士町役場で行われた締結式には、吉田町長、長岡町議会議長はじめ全議員が出席され、本学からは黒木医学部長、医療人育成センター教育開発研究部門長の相馬教授らが出席、双方による協定書への署名、手交をもって締結の運びとなりました。

発行日:

情報発信元
  • 学務課