道民医療推進学講座による市民公開講座の開催について

紋別市文化会館にて第2回市民公開講座「HIV/エイズの動向と最新治療」、「女性なら知っていようね。乳がん」を開催しました

画像スライド集

宮川紋別市長による開会の挨拶
安井特任助教「HIV/エイズの動向と最新治療」について
大村特任准教授「女性なら知っていようね。乳がん」について
ご参加された紋別市民、近隣住民の皆さま
 平成23年10月25日(火)18時30分より、紋別市文化会館にて、道民医療推進学講座と広域紋別病院との共催で、第2回市民公開講座を開催し、エイズと乳がんに関する最新の治療や診断方法について講演を行いました。

 講演会では、宮川紋別市長から開会のご挨拶をいただき、道民医療推進学講座・大村特任准教授が挨拶を行った後、及川広域紋別病院長司会のもと講演を行いました。
 今回の市民公開講座は、道民医療推進学講座・安井寛特任助教が、「HIV/エイズの動向と最新治療」について講演し、同講座、大村東生特任准教授が「女性なら知っていようね。乳がん」と題して、乳がんの早期発見に向けた自己検診方法などを映像を交えながら詳しく解説しました。
 当日は会場に紋別市民の皆さまをはじめ、近隣の市町村から多くの方が参加し、熱心に講演に聞き入っておりました。

 また、公開講座の模様は10月27日付け地域紙、北海民友新聞社の一面にて紹介されました。


発行日:

情報発信元
  • 道民医療推進学講座