第2回肝臓病教室開催

肝疾患相談センター主催「第2回肝臓病教室」を開催しました【9月29日開催】

画像スライド集

第2回肝臓病教室
第一内科 佐々木茂講師による講演

「脂肪肝と脂肪性肝炎」

東管理栄養士による講演

「脂肪肝と栄養療法」

 札幌医科大学附属病院肝疾患相談センターでは、平成23年9月29日(木)、札幌医科大学記念ホールにおいて「第2回肝臓病教室」を開催しました。
  今回は、「脂肪肝」をテーマに2つの講演を行いました。
 最初の講演は、本学附属病院第一内科 佐々木茂講師から「脂肪肝と脂肪性肝炎」と題し、近年のライフスタイルの変化により注目されている、非アルコール性肝炎「NASH(ナッシュ)」について、肝硬変へ進行する可能性があることから、診断や治療の重要性についてわかりやすく説明しました。会場からもNASH(ナッシュ)について多くの質問が寄せられました。
 続いて、附属病院 東(あづま)管理栄養士より、「脂肪肝と栄養療法」について生活チェック表を基に、食事と運動を含めた生活習慣の改善ポイントについて紹介があり、理解の深まる内容となりました。
 当日は、100名程の道民の方のご参加があり、メモを取りながら熱心に耳を傾ける参加者が多くみられ、アンケートでは「とてもわかりやすく勉強になった」「是非このような教室を継続して欲しい」などの声が寄せられました。
 今後も肝疾患相談センターでは、定期的に様々なテーマで肝臓病教室の開催を計画しております。
 ご興味のある方は、ぜひお気軽にご参加ください。
 なお、詳細は下記、肝疾患相談センターのウェブサイトをご覧ください。

発行日:

情報発信元
  • 附属病院肝疾患相談センター