APIC 2011年次大会(米国ボルチモア市)にて表彰

APIC 2011年次大会(感染管理疫学専門家協会)にて救急・集中治療医学講座 前川邦彦助教の研究発表が、Best International Abstract Awardを受賞しました(米国ボルチモア市)

画像スライド集

左からAPIC President Russell Omsted先生、救急・集中治療医学講座 前川邦彦助教、PresenterのMarc Oliver Wright先生

総会での受賞告知の様子
現地学会誌に掲載
受賞内容
平成22年6月27日-29日の日程で、米国メリーランド州ボルチモア市で開催されたAPIC(Association for Professionals inInfection Control and Epidemiology 感染管理疫学専門家協会)の年次大会において、本学救急・集中治療医学講座・前川邦彦助教の研究発表が、"Best International Abstract Award" を受賞しました。

受賞者
札幌医科大学医学部 救急・集中治療医学講座 前川 邦彦助教 


受賞研究
Risk factors and outcomes associated with acquisition ofmultidrug-resistant Pseudomonas aeruginosa in burn patients.
Maekawa K, Asai YDept. of Traumatology and Critical Care Medicine, Sapporo MedicalUniversity, Sapporo, JAPAN


受賞日
2011年6月27日


発行日:

情報発信元
  • 経営企画課広報