平成23年度保健医療学部公開講座を開催

平成23年度保健医療学部公開講座~健康増進と安寧~ 第3回 『脳卒中に対するリハビリテーション ~座る・立つ・歩くための理学療法~』を開催しました【7月21日開催】

画像スライド集

第3回保健医療学部公開講座

公開講座の様子

司会を務めた理学療法学科・金子文成准教授
講師・佐々木健史助教
佐々木健史助教と根木亨助教による、リハビリテーションの実演
 平成23年7月21日(木)18時より、「平成23年度保健医療学部公開講座」(全4回)の第3回目を開催いたしました。
 第3回目は理学療法学科佐々木健史助教が、『脳卒中に対するリハビリテーション ~座る・立つ・歩くための理学療法~』と題して講演し、多くの市民の方が訪れました。
 講演では、脳障害の回復メカニズムについて説明後、佐々木助教と同学科・根木亨助教による座位・立位・歩行のリハビリテーションの実演が行われ、参加者の関心を集めていました。
 講演終了後には活発な質疑応答が行われ、「裸足で歩くというリハビリテーションの効果について知りたい。」などの質問が寄せられるなど、病後のリハビリテーションへの関心の高さをうかがい知ることが出来ました。

 今年度最終回となる第4回公開講座は、平成23年9月15日(木)18時から「手の機能と生活障がいについて」と題して、作業療法学科中村眞理子准教授が講演いたします。多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

発行日:

情報発信元
  • 札幌医科大学保健医療学部公開講座委員会