札幌医科大学大学祭の開催

第61回 札幌医科大学大学祭を開催しました【6月16日~6月19日開催】

画像スライド集

大学祭のようす
医学部5年生による模擬店
茶道部による茶店
模擬店のようす
医学展(プレユニ)のようす
標本館一般公開の様子
熱心に標本を観察する来館者
体験コーナー肺年齢測定
体験コーナー肌年齢測定
地域の方々など多くの人で賑わっておりました
 平成23年6月16日~6月19日の4日間の日程で、第61回 札幌医科大学大学祭を開催いたしました。
 今回の大学祭のテーマである『纏』とは、「纏まる(まとまる)」や「纏める(まとめる)」といった言葉で、札幌医科大学の学生が一丸となって大学祭を盛り上げたい、また大学祭を通じて地域の皆様と1つになりたい、この2つの願いが今回のテーマである『纏~in a body~』に込められており、さらには3月11日に起こりました東日本大震災からの復興に向けて日本全体が一丸となれることを願って今回の医大祭のテーマとしました。

 このテーマをふまえ各サークル及び各学年・学科の有志による模擬店や芸能人、アーティストによるライブ等魅力ある催しを多数開催いたしました。
 恒例の医学展では学生による公開模擬講義(プレユニ)や、身近な医療機器を使った体験コーナー、普段は医学研究目的でしか閲覧できない標本館を一般の皆様へ公開いたしました。
 また学生による模擬店では、名物のナースカレーやたこ焼き、クレープなどの様々なお店が出店しており、学生、教職員はじめ、地域住民の皆様で賑わっておりました。
 今回の大学祭では、学祭総務委員を中心に募金活動を行いました。集められた募金は、中央共同募金会を通して、被災された方々に送られる予定です。
多くの地域の皆様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課広報