現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 組織再生学部門

組織再生学部門

Dept.of Tissue Development and Regeneration

スタッフ

教授 Professor
 三高俊広 Toshihiro Mitaka, M.D., Ph.D.
所属:医学部附属フロンティア医学研究所 組織再生学部門
   医学研究科地域医療人間総合医学発生分化・加齢制御医学臓器発生・再生医学
   SOM,Research Institute for Frontier Medicine Dept.of Tissue Development and Regeneration
<研究テーマ>
 人工肝臓研究, In vitro肝組織形成, 肝幹(前駆)細胞の増殖・分化機序の解明, 肝前駆細胞移植
<研究活動と展望>
 私は成熟ラット肝細胞の中に幹細胞としての能力を持つ細胞を見いだし、小型肝細胞(small hepatocyte)と名付けた。この細胞は肝細胞としての能力をある程度維持しながら著明な増殖をする細胞である。小型肝細胞は又、星細胞などの肝非実質細胞と協力して培養皿上で小さな肝組織を作ることが出来る。研究は主にラットを用いているが、ヒト肝臓にも同様の細胞が存在していることが分かっている。私は、この小型肝細胞を使うことによって、まだ実用化されていない人工肝臓や、患者本人の肝臓から採取した細胞を使って肝組織を体外で作り上げ、患者本人の肝臓に戻そうという夢に取り組んでいる。


准教授 Associate Professor
 谷水直樹 Naoki Tanimizu, Associate Professor
 所属:医学部附属フロンティア医学研究所 組織再生学部門
   SOM,Research Institute for Frontier Medicine Dept.of Tissue Development and Regeneration
<研究テーマ>
 胆管の形態形成を制御する分子メカニズムの解析, 肝臓の幹細胞についての研究
<研究活動と展望>
 肝臓の胆管構造は、胎生後期から新生仔にかけて形成される。マウス肝前駆細胞株を用いて、胆管形態形成を制御する分子メカニズムの研究を行っている。今後は、この研究に加え、肝臓の幹細胞システムの研究も行っていく。


助教 Instructor
 竹田寛 Hiroshi Takeda, M.S.,Ph.D.
所属:医学部附属フロンティア医学研究所 組織再生学部門
SOM,Research Institute for Frontier Medicine Dept.of Tissue Development and Regeneration
<研究テーマ>
 細胞間接着装置の非線形的動態解析, カドヘリンの細胞間接着制御機構
<研究活動と展望>
 広義での細胞間相互作用の研究を行う。特に、細胞間接着分子カドヘリンのを中心とした細胞間情報の伝達系の解明を目的とする。