現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 放射線診断学

放射線診断学

Div.of Diagnostic Radiology

スタッフ

教授 Professor
畠中正光 Masamitsu Hatakenaka, 放射線診断学教授
所属 : 医学部医学科専門教育科目 放射線診断学
School of Medicine,(School of Medicine),Liberal Arts and Science Div.of Diagnostic Radiology
研究テーマ : 画像所見による治療効果・予後予測, 化学放射線治療の心機能への影響, CT・MRIによる心機能評価, CT・MRIによる肺機能評価, MRIによる腎機能評価
研究活動と展望 : 画像所見と腫瘍性病変の治療効果に関する研究を行い、頭頸部扁平上皮がんでは治療前腫瘍の見かけの拡散係数(ADC)と化学放射線治療後の局所制御に関連があることを見出した。


講師 Instructor
玉川光春 Mitsuharu Tamakawa, M.D.
所属 : 医学部医学科専門教育科目 放射線診断学
School of Medicine,(School of Medicine),Liberal Arts and Science Div.of Diagnostic Radiology
研究テーマ : 乳癌のMRI, 骨軟部腫瘍の診断
研究活動と展望 : 近年の画像診断の進歩は目覚しく、臨床医学では画像診断なくして診療が成り立たない。特にMRIの進歩は臨床家の想像を超える速さで進んでいる。われわれ放射線診断医は新たに開発され臨床的に有用であると考えられる診断方法を積極的に取りいれ、実用化する重要な役割を担っている。そこで、現在治療方針決定に有用である、もしくは有用となると予想される乳腺、直腸、前立腺などのMRIをそれぞれ独自のsurface coilを用いるなど解像度を増す工夫を施し、臨床家に紹介し、dataを集め、病理との対比を行い、臨床家の求める以上の画像情報を導き出している。その有用性はそれぞれに関わる臨床医から高く評価されている。


講師 Assistant Professor
山直也 Naoya Yama, M.D.
所属 : 医学部医学科専門教育科目 放射線診断学
School of Medicine,(School of Medicine),Liberal Arts and Science Div.of Diagnostic Radiology
研究テーマ : 融合画像の開発と臨床応用
研究活動と展望 : 近年において、腫瘍性疾患を中心とした融合画像が開発され臨床応用されているが、我々は主に非腫瘍性疾患においての融合画像の有用性を検討し臨床応用することを目的に研究を行っている。


助教 Instructor
庄内孝春 Takaharu Shonai,
所属 : 医学部医学科専門教育科目 放射線診断学
School of Medicine,(School of Medicine),Liberal Arts and Science Div.of Diagnostic Radiology
研究テーマ :
研究活動と展望 :