現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 微生物学講座

微生物学講座

1.病原体関連分子パターンの構造,生物活性,抗原性。2.微生物感染によるサイトカイン情報伝達系及び自然免疫応答の変動に関する研究。 3.抗菌薬耐性菌の耐性機構と分子疫学。

Dept.of MicroBiology

1. Structure, biological activity, and antigenicity of pathogen-associated molecular pattern. 2. Modulation of cytokine signal transduction and innate immune response by infection with microorganisms. 3. Resistant mechanism and molecular epidemiology of antimicrobial resistant bacteria.

スタッフ

教授 Professor
横田伸一 Shin-ichi Yokota, M.S. Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 微生物学講座
医学研究科地域医療人間総合医学生体防御学感染防御・制御学
Department of Basic Medical Science, Dept. of Microbiology
研究テーマ : 病原体関連分子パターンの構造,生物活性,抗原性。ウイルス,細菌感染と宿主自然免疫応答、細胞情報伝達系。抗菌薬耐性細菌の分子疫学。抗菌薬が有する抗菌活性以外の薬理作用。微生物感染と分子シャペロン。
研究活動と展望 : 病原微生物が宿主への感染を成立させるために宿主免疫のバリアーを巧みにくぐり抜けている機構について興味を持って研究を進めている。研究対象の具体例としては、ウイルス(麻疹,ムンプス,ヘルペスなど)感染による宿主細胞のインターフェロン,サイトカイン情報伝達系の変化や細胞死の惹起や抑制について。これらの現象への分子シャペロンの関与について。細菌学分野では、ピロリ菌や緑膿菌などの慢性感染成立に寄与する菌側の因子(特に内毒素,外毒素)の構造・機能や抗原性の変化について。これらの研究成果を基礎知見の蓄積にとどめず、臨床応用面から感染症治療の新しいストラテジーとして活用することを常にめざしている。



助教 Instructor
山本聡 Soh Yamamoto, Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 微生物学講座
Department of Basic Medical Science, Dept. of Microbiology
研究テーマ : 分子シャペロンの生理機能解析、治療薬の開発
研究活動と展望 : 分子シャペロンは細胞内のいたる場所で活躍する分子であるが、その機能の全貌は明らかとなっていない。分子シャペロンの中でもHSP70やHSP90や関連するコシャペロンに焦点をあて、精製タンパク質や培養細胞を用いて実験を進めている。また、これらの分子に結合する化合物の探索と同定を行い、分子シャペロンが関与する疾患の治療薬を開発したいと思っています。現象をみつけ、そのメカニズムを解き明かす研究を進めていきたい。



助教
白石宗 Tsukasa Shiraishi, Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 微生物学講座
Department of Basic Medical Science, Dept. of Microbiology
研究テーマ : 細菌の細胞表層分子の多様性とそれらの宿主への影響
研究活動と展望 : 細菌には我々にとって脅威となる病原性細菌や、乳酸菌に代表されるプロバイオティクスのような有益な細菌が存在する。これらの細菌が宿主であるヒトと最初に接触して相互作用すると考えられているのが細菌の細胞表層である。そこで、菌株レベルで異なる特徴をもつ表層分子(主にリポテイコ酸やリポ多糖など)に着目して、その構造や機能、宿主への影響を明らかにすることを目的とする。複雑な細菌と宿主の相互作用メカニズムの一端が明らかになることで、目的とする細菌の迅速な検出やより効率的な応用利用につながる可能性がある。



助教
佐藤豊孝 Toyotaka Sato, DVM, Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 微生物学講座
Department of Basic Medical Science, Dept. of Microbiology
研究テーマ : 薬剤耐性菌の分子疫学解析および耐性機構の解析、多剤耐性菌の制御に向けた新たな治療戦略の確立に関する研究
研究活動と展望 : 各種細菌感染症治療において多剤耐性菌の問題は日本のみならす世界中で深刻な問題である。既存抗菌薬が与える多剤耐性化への影響評価や耐性化機構の解析、多剤耐性菌への最終手段であるコリスチンやチゲサイクリンなどの耐性化に関する分子疫学的解析を行っている。また、これまでの既存法にとらわれない新たなアプローチによる多剤耐性菌の出現・増加の制御に関する研究を行っている。



助教
坪松ちえ子 Chieko Tsubomatsu, M.D. Ph.D
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 微生物学講座
Department of Basic Medical Science, Dept. of Microbiology
研究テーマ :
研究活動と展望 :