細胞生理学講座

Dept.of Cellular Physiology and Signal Transduction

スタッフ

教授 Professor
當瀬規嗣 Noritsugu Tohse, M.D., Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 細胞生理学講座
医学研究科情報伝達制御医学生体機能制御学細胞機能情報学
Department of Basic Medical Science Dept.of Cellular Physiology and Signal Transduction
研究テーマ : 諸種病態におけるイオンチャネル機能の関与, 心筋の興奮収縮連関におけるカルシウム動態の役割, カルシウムチャネルの構造活性連関, 心筋イオンチャネル機能の発生学的変化
研究活動と展望 : 心臓は脳とは独立して動く能力(自動能)を有している。その自動能は心筋細胞膜のイオンチャネルの活動による電気現象により引き起こされる。我々は、この生命活動の源ともいえる心筋のイオンチャネルを機能と構造の両面から解析している。特に、心臓の自動能やそれによって惹き起こされる収縮のしくみが、発生期において、以下に成立してゆくかについて、イオンチャネルの発生学的変化を解析することにより追求している。発生期の心筋イオンチャネルの研究は世界的に、まだ緒についたばかりである。我々はこれまでに、カリウムチャネルの役割や興奮収縮連関の成立過程を世界に先駆けて明らかにしてきた。さらに本年は、心筋カルシウムチャネルのより正確なサブユニット構造について明らかにして、再構成系をもちいて、生理的な不活性化過程の再現に成功した。したがって、心筋のイオンチャネル系の主要な構成要素の遺伝子情報は着々と蓄積されている。今後は、この蓄積をもとに、再構成系で活動電位や興奮収縮連関を人工的に再現し、最終的には細胞工学的手法に発生学の知見を導入した新しい人工心臓(再生心臓)の作成を目指す。


助教 Instructor
一瀬信敏 Nobutoshi Ichise, Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 細胞生理学講座
医学研究科情報伝達制御医学生体機能制御学細胞機能情報学
Department of Basic Medical Science Dept.of Cellular Physiology and Signal Transduction
研究テーマ :
研究活動と展望 :


助教Instructor
寺島嘉紀 Yoshinori Terashima, MD, PhD
所属:医学部医学科基礎医学部門講座 細胞生理学講座 (整形外科学講座兼務)
医学研究科情報伝達制御医学生体機能制御学細胞機能情報学
Department of Basic Medical Science Dept.of Cellular Physiology and Signal Transduction
研究テーマ:
研究活動と展望:


助教Instructor
高橋信行 Nobuyuki Takahashi, MD, PhD
所属:医学部医学科基礎医学部門講座 細胞生理学講座 (整形外科学講座兼務)
医学研究科情報伝達制御医学生体機能制御学細胞機能情報学
Department of Basic Medical Science Dept.of Cellular Physiology and Signal Transduction
研究テーマ:
研究活動と展望:


助教 Instructor
佐藤達也 Tatsuya Sato, MD, PhD
所属:医学部医学科基礎医学部門講座 細胞生理学講座 (循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座兼務)
医学研究科情報伝達制御医学生体機能制御学細胞機能情報学
Department of Basic Medical Science Dept.of Cellular Physiology and Signal Transduction
研究テーマ:
1)発生期の心拍動開始時におけるエネルギー代謝機構の機序解明
2)糖尿病性心筋症における心筋イオンチャネルリモデリングの解明
3)心不全の発症・進展における心筋ミトコンドリア鉄恒常性の役割の解明
4)慢性腎不全モデルにおける心筋虚血再灌流障害のネクロプトーシス、フェロトーシスの役割の解明
研究活動と展望:
 心拍動は個体の生命活動を支える根幹である。胎生期において心拍動開始時にはエネルギー需要が高まることが予想されるが、その詳細は明らかになっていない。心拍動開始前後における細胞内代謝機構を解明することで、心拍動開始のメカニズム解明に寄与するとともに、心臓の再生医療への応用も期待できる。
 また、Physician Scientistとして心血管疾患の発症・進展予防も重要なテーマと考えている。糖尿病や慢性腎臓病は心血管疾患発症の主要な危険因子であるのみならず、治療抵抗性の原因となっている。生理学の観点から糖尿病、慢性腎臓病がもたらす心血管疾患への影響を解明することで、新たな治療法の開発に貢献したい。