現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 感染制御・臨床検査医学講座

感染制御・臨床検査医学講座

 感染制御・臨床検査医学講座は、感染制御部と検査部と共に附属病院の医療関連感染対策と各種臨床検査の円滑な業務遂行を最大の目的としている。さらに、各診療科と共に新規検査法の開発も含めた検査法の評価に取り組み、臨床検査医学の発展に寄与することが講座の使命である。

Dept.of Infection Control and Laboratory Medicine

We, the member in Department of Infection Control and Laboratory Medicine, play active parts in the control of healthcare associated infection and accomplishment of clinical laboratory duties with the members in Division of Infection Control and Clinical Laboratory. Those are our important aims. In addition, we work on the evaluation of clinical laboratory including a novel approach with each department in our hospital. Our mission is to make great advances on clinical laboratory medicine.

スタッフ

教授 Professor
髙橋 聡 Satoshi Takahashi, M. D., Ph. D.
所属 : 医学部医学科臨床医学部門講座 感染制御・臨床検査医学講座
SOM, (SOM), Department of Infection Control and Laboratory Medicine
研究テーマ : 男性の無症候性性感染症, 複雑性尿路感染症に対する治療, 性感染症と咽頭感染の関連, 性感染症起炎微生物のRT-PCR法を用いた新規検出法.
研究活動と展望 :

1.性感染症と尿路感染症の診断.

2.耐性菌の動向調査.



助教 Instructor

河野 豊 Yutaka Kawano, M. D., Ph. D.

所属 : 医学部医学科臨床医学部門講座 感染制御・臨床検査医学講座
SOM, (SOM), Department of Infection Control and Laboratory Medicine

研究テーマ: 固形癌のPrecision Medicineに向けた基礎的検討,造影超音波による肝癌の診断や治療への展開,造影超音波による口腔内腫瘍に対する補助的診断の確立,B型肝炎再活性化予防に対する院内システムの確立.

研究活動と展望:

1.臨床検体から樹立した初代培養細胞を用いて,新しいスクリーニング法による薬物感受性試験の基礎的研究を行っています(臨床試験中).

2.造影超音波補助下での肝癌治療(主にRFA)成績の追跡調査を行っています(臨床試験中).

3.当院口腔外科と連携して,口腔内腫瘍に対する造影超音波検査による診断の確立を模索中であります.

4.肝疾患相談センターと連携して,HBV再活性化に対して安全に予防できる院内システムの確立に従事しております.



助教 Instructor

永原大五 Daigo Nagahara, M. D., Ph. D.

所属 : 医学部医学科臨床医学部門講座 感染制御・臨床検査医学講座
SOM, (SOM), Department of Infection Control and Laboratory Medicine

研究テーマ:心電図,不整脈に対するカテーテルアブレーション,植え込み型除細動器(ICD),心臓再同期療法(CRT).

研究活動と展望:

1.ICD、CRT治療の効果及び予後予測.

2.早期再分極波形と致死的心室不整脈との関連性.



助教 Instructor
柳原希美 Nozomi Yanagihara, M.D., Ph.D.
所属 : 医学部医学科臨床医学部門講座 感染制御・臨床検査医学講座
SOM, (SOM), Department of Infection Control and Laboratory Medicine

研究テーマ:抗菌ペプチドと尿路感染症,薬用植物エゾウコギの新規薬効作用の検討.

研究活動と展望:

1. 抗菌ペプチドの尿中発現と細菌性尿路感染症との関連を明らかにし、宿主防御機能について検討する.

2. エゾウコギによる末梢血単核球由来β-ディフェンシン発現誘導について解析する.