札幌医科大学医学部 腫瘍内科学講座、血液内科学
   Department of Medical Oncology, Department of Hematology


臨床実習要綱

【第五学年臨床実習要綱】

【オリエンテーション】
    集合場所/時間 ・・・腫瘍内科学講座、血液内科学 教室(教育研究棟7階)/午前9時〜
    指導教員・・・教授、准教授、講師、助教、診療医


【実習方針、内容】

1.実習スケジュール
「A;血液グループ」、「B;消化管グループ」、「C;肝・胆・膵グループ」から選択し、各専門分野、特に臨床腫瘍学の診断、治療を学習する。

2.各グループ指導医とともに、実際に患者を受け持ち、積極的に医療に参加する。正しい病歴、理学所見の取り方 、診断に必要な検査計画の立案、検査への参加、その結果の解釈、最終診断及び治療計画の策定等、内科医としての基本技術を習得する。

3.臨床医として、疾病に対する理解のみならず、病者の心理を理解できるよう、担当患者とのコミュニケーションを図る姿勢を身につける。

4.各分野のセミナー、ケーススタディ、ファントムを使用した消化器系検査の擬似体験を通して、実践的知識を習得する。

5.受持患者についてのカルテをPOS (Problem Oriented System) に従って毎日記載し、診断、病態、治療等の総括に文献的考察を加えたレポートを作成し、実習の最終日に発表する。

6. また、希望者は医局内でのカンファランス(机上回診、症例検討会、ジャーナルクラブなど)に参加することも可能である。


   実習期間中,各自2人の患者を受け持つ。
   毎日,患者を診察し、臨床経過を記載する。
   内視鏡の介助,マルクの検鏡など施行可能なものは積極的にやってもらう。
   レポートとして担当患者の病歴要約を提出する。






 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

【第六学年臨床実習要綱】

【オリエンテーション】
    集合場所/時間 ・・・腫瘍内科学講座、血液内科学 教室(教育研究棟7階)/午前9時30分〜
    指導教員・・・教授、准教授、講師、助教、診療医


【目的】
    腫瘍内科学講座、血掖内科学では、臨床腫瘍学、特に消化器(消化管、肝胆膵)、血液腫瘍、骨・軟部腫瘍、口腔癌、
    自家造血幹細胞移植を要する泌尿器癌、原発不明癌にとどまらず、幅広い内科の臨床実習を行う。
    卒後、内科医として専門診療を目指す学生のみならず、外科や他の専門科に進むことを希望する学生にとっても、
    臨床医として基本的な姿勢・知識を身につけることを目標としている。


【実習内容】

1.病棟診療グループ(A; 血液グループ、B; 消化管グループ、C; 肝・胆・膵グループ)を希望により選択し、そのグループの一員として、指導教官・主治医の指導の下、実際に患者を受け持ち診療に参加する。

2.病歴の聴取、身体所見、検査計画の立案、検査結果の解釈、最終診断、治療計画の策定などを、グループ内でのカンファランス、机上回診、総回診などにおいて、医師になるものとして責任を持ってプレゼンテーションし、討論に参加する。

3.臨床医として必要な検査手技・診療技術について、習得する。

4.学生は回診・検査・治療をマンツーマンの主治医とともに行い、学生用診療録にその結果を記載する。

5.研修医の教育を目的とした各種セミナーに研修医とともに参加し、実践的知識や手技のコツなど、より臨床の場で役立つ知識を身につける。

6. 希望者には、大学病院にとどまらず卒後教育関連病院での研修や1次2次救急を中心とした救急外来(当直を含む)を経験することも可能である。

【評価】
実習の最終日には、受け持ち患者の診断・病態・治療などについて、文献的考察を加えてプレゼンテーションすることが求められる。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーム

〒060−8543 札幌市中央区南1条西16丁目
札幌医科大学 腫瘍内科学講座、血液内科学
電話:011−611−2111(内線3254)
FAX:011−612−7987
電子メール:sapmedim4☆gmail.com(教室長:村瀬和幸)(☆を@にしてください)