札幌医科大学医学部 腫瘍内科学講座、血液内科学
   Department of Medical Oncology, Department of Hematology

 

後期研修医からのメッセージ

 

 

 

 

  渡邊晃一(2014年卒)
 

こんにちは、後期研修1年目の渡邊晃一と申します。初期研修を1年目大学、2年目帯広厚生病院で行い、後期研修医として王子総合病院消化器内科、血液内科で勤務しております。
大学での初期研修中に化学療法で腫瘍縮小・消失した症例を目にし、腫瘍内科の奥深さを実感し第4内科に興味を持ちました。内科系の他医局とで今後の進路について悩みましたが、化学療法だけでなく、内視鏡治療、TACEなどの血管内治療と非常に多岐に渡って手技もあるためやりがいを感じ、当科に入局を決めました。
3年目のスタート地点では、内視鏡すらほとんどやったことがなかったため、何をするにしても上級医に横で見てもらいながらでなければ不安で仕方がありませんでしたが、どの先生方もとても優しく指導していただき、日々自分でできることは増えてきています。
消化管だけでなく、肝胆膵、ときには血液疾患と多岐に渡る疾患を扱うため、忙しいですが、とても充実した毎日を過ごしています。魅力溢れる教育熱心な上司が多いので、少しでも興味があれば一度見学に来てみてください。お待ちしています。


 

 

 

 

  伊藤亮(2014年卒)
 

現在、王子総合病院 消化器内科・血液内科に後期研修1年目として勤務しております、伊藤亮と申します。初期研修は製鉄記念室蘭病院で2年間研修させて頂きました。
両病院の素晴らしい先生・スタッフの皆様のおかげで、日々成長していく自分をひしひしと感じることができ、とても充実した毎日を送っております。どこの消化器内科/血液内科もそうだとは思いますが、患者様が非常に多く、またその疾患も多岐に渡っているところに非常にやりがいを感じております。また、様々な悪性疾患に対峙する診療科として、常に進歩する治療法を学ぶことには、いつも知識欲をかき立てられます。 若手への配慮もしっかりと考えてくれ、アットホームな雰囲気の医局です。学生、初期研修医の皆様は是非一度見学にいらして下さい。一緒に働きましょう。


 

 

 

 

  佐賀潤也(2014年卒)
 

王子総合病院消化器内科・血液内科で後期研修をしております佐賀と申します。
初期研修は1年目を札幌医大病院、2年目は現在の王子総合病院で研修させて頂きました。
私は研修医時代から内視鏡での検査・治療に興味があり、若手の頃から様々な手技を実践させて頂ける(と評判の)第4内科に入局致しました。
現在は上下部内視鏡を始め、先生方の御指導のもとERCPやESDなどの高度な手技も経験させて頂いています。
科の雰囲気が良いというのが第4内科の大きな特徴と思いますが、実際に見学に来て、その雰囲気を感じてもらえればと思います。
一緒に仕事ができる日をお待ちしております。


 

 

 

 

  須釜佑介(2014年卒)
 

後期研修医の須釜佑介と申します。
学生時代より血液疾患や腫瘍分野に関して興味があり、腫瘍血液内科の諸先輩方の真摯な診療姿勢やあたたかな医局の雰囲気に惹かれて学生時代に入局を決めました。
初期研修は1年目を札幌医科大学病院で、2年目を製鉄記念室蘭病院で行いました。初期研修期間も腫瘍血液内科の先生方の熱いご指導を受けることができとても充実した研修期間を送ることができて感謝しております。3年目は札幌医科大学病院で日々色々な症例を経験させていただき非常に充実した毎日を過ごしております。
また、診療のみでなく大学院生として実験にも取り組み、先輩の指導のもと学術的にも活動しております。
腫瘍・血液内科の分野は今後ますます需要が高まり、様々な検査や治療法も登場すると思われます。腫瘍分野や血液疾患に興味がある学生・初期研修医の皆さんはもちろん、新しいもの好きの方も是非気軽に見学に来てみて下さい。きっと面白い話が聞けると思います。


 

 

 

 

  坂野浩也(2014年卒)
 

こんにちは。後期研修医の坂野浩也と申します。
製鉄記念室蘭病院消化器内科・血液腫瘍内科に勤務しております。
初期研修1年目は斗南病院、2年目は札幌医科大学で研修しました。
当初は精神科を志していましたが、研修中にお世話になった先生方の姿に感銘を受けたとともに、腫瘍や消化器内科の臨床の奥深さ実感し入局しました。幅広く疾患を経験させていただいていますが日々上級医の先生からご指導いただき充実した日々を過ごしております。
この分野に興味ある方は是非見学に来て、腫瘍・血液内科の魅力を感じていただきたいです。見学お待ちしております。


 

 

 

 

  今川貴之(2013年卒)
 

はじめまして、現在留萌市立病院にて勤務している後期研修医2年目の今川です。
1年目は旭川赤十字病院、2年目は札幌医大での研修を経て、2年目11月に第四内科入局させていただきました。当初は他医局への入局予定でしたが、腫瘍治療の奥深さ、限界まで治療を行う面白さに心惹かれ、考えていた医局から変更させていただきました。バイタリティにあふれる先輩方に囲まれ、非常に楽しく毎日働くことができています。
そんな第四内科で一緒に働いてみませんか?見学のほどお待ちしています。


 

 

 

 

  柴田敬典(2013年卒)
 

こんにちわ、後期研修医2年目の柴田敬典と申します。
私は苫小牧の王子総合病院にて初期臨床研修を行い、そのまま母校である札幌医大腫瘍血液内科へ入局しました。
もともと学生時代は麻酔科医になるつもりでしたが、研修医1年目で回った消化器内科の先生方にすっかり魅せられ、2年目の春頃には入局を決めていました 。
3年目はそのまま王子総合病院で消化器内科として後期研修を行い、この春より製鉄記念室蘭病院にて消化器内科・血液内科医として働いております。
当科では基本的な生活習慣病等の一般内科的な治療から、内視鏡検査はもちろん、悪性腫瘍などの専門的治療まで幅広く学ぶことが可能であり、奥深くやりがいのある科です。ぜひ一緒にやりましょう。選んで後悔することはないと思います。みなさんと働ける日を心待ちにしております。


 

 

 

 

  宇佐美信(2013年卒)
 

はじめまして。後期研修医の宇佐美信と申します。
私は製鉄記念室蘭病院で2年間初期研修を行い,3年目から札幌医科大学附属病院 腫瘍・血液内科に勤務しております。
学生の頃から腫瘍に興味があり,腫瘍・血液内科に入局しました。一言に腫瘍内科と言っても,化学療法,内視鏡治療,経皮的ラジオ波焼灼,血管内治療,造血幹細胞移植…と多種多様な治療方法があり,腫瘍・血液内科はそれらの各種治療を,各分野の諸先生方から学ぶことが出来る非常に魅力的な科となっています。
また,日々の臨床だけでなく,学会発表や論文投稿といった学術的な面も諸先生方に御指導頂き,充実した日々を過ごしております。
2人に1人が癌になるとされる時代,腫瘍内科の活躍の場はどんどん広がっていきます。是非一度,腫瘍・血液内科に見学に来てください。
皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしております。


 

 

 

 

  佐藤健(2013年卒)
 

はじめまして。後期研修医の佐藤健と申します。
私は研修医1年目を大学で学び、 2ヶ月間、腫瘍・血液内科学講座をローテートさせて頂きました。消化器疾患の化学 療法や内視鏡治療はもちろん、血液疾患では造血幹細胞移植などの高度な治療まで幅 広い分野に取り組んでいる科であるな、ということをその肌で感じました。また、上 級医の先生方から大変手厚く御指導頂き、「若いうちは出来ないことが沢山あっても、必ずバックでサポートするから大丈夫」と諸先生方から激励のお言葉を頂き、大変感銘を受けたことが今でも記憶に新しいです。進路が決まっていない状況でしたが、臨床・研究に熱い先輩方と一緒に腫瘍学を学んでみたい、という気持ちを強く抱かせて頂きました。
 2年目の研修病院は当科の関連病院ではない帯広厚生病院での研修で、先生方や同 期に恵まれ大変充実した研修を送らせて頂きましたが、1年目に抱いた気持ちを忘れ ず、2015年春から新入局員として迎え入れて頂きました。  現在は、製鉄記念室蘭病院で働かせて頂いています。血液内科・消化器内科ともに 非常に症例に恵まれ、日々勉強することばかりですが、大変充実した後期研修を送ら せて頂いております。
 大変なことも多いですが、腫瘍内科医はこれからの時代に求められる重要な人材だ と思います。ぜひ見学に来て頂き、皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしておりま す。


 

 

 

 

  中村元(2013年卒)
 

現在製鉄記念室蘭病院消化器内科・血液腫瘍内科に勤務しております中村元と申します。
学生時代より消化器分野や内視鏡に興味があり、第4内科への入局を決めていました。
初期研修は関連施設の留萌市立病院で2年間行いましたが、研修期間の多くを消化器内科で過ごし、数多くのことを勉強させていただきました。
なにより、将来自身もこうなりたいと思えるような同門の先輩方の御指導を受けることができ、充実した2年間であったと感じています。
現在は製鉄記念室蘭病院で新たな環境の下、腫瘍・血液疾患の幅の広さや奥深さに触れる日々を過ごしております。
この分野に興味ある学生さん、初期研修医の先生方には是非見学に来ていただければと思います。お待ちしています。


 

 

 

 

  坂本拡基(2013年卒)
 

初めまして。後期研修医の坂本拡基と申します。
初期研修修了後に札幌医科大学腫瘍・血液内科に入局しました。
初期研修は製鉄記念室蘭病院、3年目は初期研修から引き続き王子総合病院に勤務し、診療に際して本当にたくさんの経験をすることができました。
研究会や学会発表の機会も多数あり、臨床だけではなく学術的にも活発に活動しています。
指導医の先生方の熱い指導の下、非常に充実した毎日を過ごしています。
腫瘍・血液内科の分野は様々な疾患を扱い、治療や検査も多種多様です。学生・初期研修医の皆さん、是非見学に来てみて下さい。


 

 

 

 

  下山紗央莉(2013年卒)
 

旭川赤十字病院に勤めております、下山紗央莉です。
初期研修1年目は札幌医科大学付属病院、2年目は製鉄記念室蘭病院で研修しました。
正直、学生時代は内科医として働くことを想像したこともありませんでしたが、研修2年間での先生方の姿に感銘をうけ、入局いたしました。
現在は旭川赤十字病院で主に血液疾患について学ばせていただいています。
治療薬や治療法が常に進歩するこの分野で学び、医師として関われてとても幸せであり、充実した日々を送っています。
医局の雰囲気もとてもよく大学外で働いている私にとっては、学会などで同期や諸先輩方にお会いするのがとても楽しみです。
良い雰囲気のなかで医師としてのやりがいを感じながら働ける当科にぜひ一度見学にいらしてください。


 

 

 

 

  濱口孝太(2013年卒)
 

現在製鉄記念室蘭病院消化器内科・血液腫瘍内科に勤務しております濱口孝太と申します。
初期研修の2年間は苫小牧の王子総合病院で勉強させていただきました。消化器疾患・血液疾患の守備範囲の広さ、 また内視鏡治療や血管内治療など手技の多様さに魅力を感じ入局致しました。
守備範囲の広さゆえに必要とされる知識、技術も多岐にわたりますが、日々上級医の先生方から知識、手技のご指導をいただきながら充実した毎日を送っております。
若手にしっかりとした指導のもと多くの経験を積ませ、育ててくれる医局です。
特に広く内科系に興味があって迷っている方には最適な科だと思います。是非一緒に働きましょう。

ホーム

〒060−8543 札幌市中央区南1条西16丁目 札幌医科大学 腫瘍内科学講座、血液内科学
電話:011−611−2111(内線3254)
FAX:011−612−7987
電子メール:sapmedim4☆gmail.com (教室長:村瀬和幸)(☆を@にしてください)