| トップページ | ごあいさつ | 研修案内 | 診療案内 | 研究紹介 |
| 教室の概要 | スタッフ紹介 | 関連病院 | 学会・行事 | 同門会 | 業績 |
札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座


| トップページ | ごあいさつ | 研修案内 | 診療案内 | 研究紹介 |
| 教室の概要 | スタッフ紹介 | 関連病院 | 学会・行事 | 同門会 | 業績 |
札幌医科大学医学部 消化器・免疫・リウマチ内科学講座
[臨床]

1. 肝疾患

 肝疾患では多くの慢性肝疾患(ウイルス性肝炎、自己免疫性肝疾患、薬剤性肝炎、脂肪性肝炎など)を対象に診療を行っています。とくにウイルス性肝炎に対しては、各症例ごとに、リバビリン・ペグインターフェロン併用療法をはじめとした種々の治療法の中からより適切な治療法を選択し行っています。肝硬変では、静脈瘤に対して内視鏡を用いた結紮術、硬化療法を行い、さらにIVRを用いた治療も積極的に行っています。肝がんに対しては、外科・放射線科との連携により、より最適な治療法を選択し行っています。局所治療ではラジオ波焼灼療法を早期に導入し、多数の治療を行っています。また、ほかに動脈塞栓療法や抗がん剤動脈内注入療法などのIVRを用いた治療も行っています。

2. 胆道・膵疾患

 胆道疾患・膵疾患においては、胆石症、胆嚢炎、胆管がん、急性膵炎、慢性膵炎、膵がん、膵嚢胞性疾患、膵内分泌腫瘍などすべての胆道・膵疾患を対象に最新の検査および治療を行っています。とくに悪性腫瘍に対しては、早期治療をめざした正確な診断体系の確立をめざし、内視鏡的逆行性胆管膵管造影はじめ管腔内内視鏡検査や超音波検査などを行っています。治療に関しましては、やはり外科や放射線科と密な連携をとりながら、最適な治療法を選択し、ときに手術適応のない症例に対しては、抗癌剤を用いた化学療法はもちろん、ステントを用いたQOLを重視した治療も行っています。

 私たちの肝・胆・膵チームでは、‘地に足をつけたしっかりとした臨床を行うこと’を第一に考え、それをさらに発展させることを目的に研究を行っています。
[研究]

1. 抗体を用いた新しいがん治療
 肝がん、胆道がん、膵がんを対象とした新しい治療法の開発をめざした研究を行っています。それらのがん細胞に特異的に発現している抗原に対するモノクローナル抗体を作成し、抗体治療を模索しています。

2. 発癌機序解析
 肝がん、胆道がん、膵がんの遺伝子異常の検索と、これに基づく発癌機序の解析を行っています。これは、最終的に癌細胞に特徴的な蛋白などを検出することとなり、治療の標的探索の意味も有しています。

3. ウイルス性慢性肝炎における症例ごとの最適な治療法の決定に関する研究
 現在、種々の抗ウイルス療法が発達してきています。このような状況の中で、発がん抑制を第一義に考えたより適切な治療法の選択法について検討をすすめています。

| 消化管グループ | 肝胆膵グループ | 血液グループ | 膠原病グループ | 診療案内トップ |