バリアフリー機能

現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 診療科・部門
  3. 各診療科案内
  4. 小児科
  5. お知らせ
  6. 低身長(成長障害)について

低身長(成長障害)について

子どもの背が低いのが心配です

「同年齢の子どもたちと比較して背が低い」「いつまでたってもクラスの中で一番小さい」。成長に関するご相談は当外来で受ける相談の中で最も多いものの一つです。 

どのような診療をしますか

まず、お子さんがどの程度の成長の度合いなのかを客観的に見極めることが大切です。同じクラスの子と比較するだけでは生年月日に開きがありますので正確な評価になりません。「成長曲線」をもとに現在の身長がどの程度でどのような成長パターンなのかを確認することが大切です。客観的にみるとそれほど小さくなかったということも実際はよくあります。低身長の範疇に入るような場合(成長曲線で-2SD以下が目安とされます)は、生まれたときの状況や病歴、家族の身長、お子さんの身体診察を行います。必要があれば手の骨の「レントゲン写真」や簡単な「血液検査」で病気が隠れていないかどうかをスクリーニングすることが可能です。成長に影響を与えるものには様々なものがあります。遺伝的要因(体質)、食生活、運動、睡眠、ホルモン状態、その他の臓器障害などです。これらについてチェックします。そのなかで病気(特にホルモン異常)が疑われる場合には入院の上に「精密検査」を要することがありますが、実際はそれほど多くはありません。 

治療法は?

検査によって何らかのホルモン分泌異常が認められた場合は治療することが可能です。現在、「成長ホルモン治療」がいくつかの疾患(成長ホルモン分泌不全 性低身長、軟骨無形成症、慢性腎不全、ターナー症、プラダーウイリー症候群)で認められております。いつかは伸びると考えて、いつの間にか気づいたら小さいままで止まってしまったという例は少なくありませんので、お子さんの成長に関してご心配な点がございましたら、当外来にお気軽にご相談下さい。
札幌医大附属病院小児内分泌外来
担当医:竹内 鎌崎