看護学科

学科長あいさつ

看護学科長 城丸瑞恵
 看護は、人々が幸せに暮らせる社会の実現を目指して、健康にかかわる日々の生活を支える営みです。
 新しい命の誕生に立ち合い、人が生きることを支え、病気の苦しみ・回復の喜びを分かち合い、命を全うする過程に寄り添います。

 看護職は、命と健康を守り生活を支える仕事です。そのためには命と健康を尊ぶ心や他者を思いやる気持ちが大切です。また生活を支えるためには生活障害の状況を判断して適切に支援する知識と技術が必要です。本学ではこのような看護職を育成するためにきめ細やかな教育を行っています。

 まず全国の看護系大学では珍しい1学年50人の小人数制であり、学生数に比して教員数が多いことが特徴です。そのため、学生間、学生と教員間のコミュニケーションが図りやすく、看護の基本である他者理解や対人関係能力の基本を形成しやすい環境にあります。また1人1人の学習に応じた課題設定やフィードバックが可能となるため、学習意欲の向上とともに学習内容の理解が深まります。このような教育環境によって毎年、看護師・保健師の国家試験合格率は高く、全国から注目されています。

 次の特徴は、実習施設が充実していることです。本学では附属病院が近接している物理的な好条件に加え、看護部・大学間で実習に関する緊密な連携を図っており、本学の実習目的に応じた実習が行われています。臨床看護師による学部の看護教育へのサポートや学生との交流の場もあり、臨床看護が身近に感じられる環境があります。

 他にも本学には多くの特徴と魅力があり、自分自身の成長と看護職の発展のための機会と出会いが見つかると思います。

 

看護学科 教育理念

 看護学科は、札幌医科大学の建学の精神・理念、保健医療学部の教育理念・目標を実現するため、創造性に富み人間性豊かで高い倫理観をもち、北海道、広く日本社会、さらに世界の保健医療に貢献できる実践能力を備えた看護職の育成を目的とする。

 

教育目標

 人間性を高め、専門性を獲得するための充実したカリキュラム

 

卒業生の有する特性

(1)建学の精神を実現する人間的な能力

(2)看護実践に直接かかわる看護職としての能力