トピックス

本別高校において高校出前講座を実施しました

 平成29年7月14日(金)、本別高校において高校出前講座を実施しました。

 看護学科看護学第二講座 荻田珠江講師が、高校生に向けて「性から生へ~いのちの誕生」をテーマに開催しました。この高校出前講座は、青少年の健康意識の向上や保健医療職への理解を深めていただくことを目的として、平成17年度から保健医療学部地域貢献活動推進委員会主催により開催しており、今年度は渡島・桧山管内および十勝管内において、出前講座開催を希望する高校に出向いて実施しています。

 当日は、2年生32名にご参加いただき、妊娠にかかわる男女の身体の仕組みと、命の誕生、意図しない妊娠について講演しました。高校生達は、実物サイズの胎児や新生児の模型を実際に抱いてみて、改めて命の重みや大切さを感じていました。「周りから望まれて生まれてきた幸せが、どれほどのことか再確認できました。自分ももちろん、家族や友達など沢山の人を大事に大切にしていこうと改めて思いました。」「自分の誤った判断、行動によって、自分の将来だけでなく、必死に生きようとする赤ちゃんの未来まで奪ってしまうかもしれないということを改めて感じました。」「必ずしも自分とは関係ないと言い切れることではないので、この授業で習ったことを、今後の自分へ活かしていきたい。」などの感想が寄せられました。

高校出前講座の様子
▲高校出前講座(北海道本別高校)の様子
高校出前講座の様子
▲高校出前講座(北海道本別高校)の様子
高校出前講座の様子
▲高校出前講座(北海道本別高校)の様子