理学療法

理学療法の役割
理学療法とは
病気や怪我、老化などが原因で身体に障がいを持つ人に対して、運動療法物理療法を行うことで運動機能や基本的な動作能力の改善を図り、社会復帰を支援します。
理学療法士の役割
  • 様々な病態が原因で発生する運動能力の障がいに対し、運動処方運動指導、および物理的手段を応用した治療を科学的に実施します。
  • 社会復帰に向けた実践的なトレーニング、指導を行います。

病院から地域での生活へ。
理学療法士は幅広い領域で活躍しています。


こんなとき「理学療法」は?   
具体的な介入

内部障がいの理学療法