交通事故などによる怪我はいつでも誰にでも起こり得ます。特に、骨折の脊髄の損傷などの重度の怪我を負ったときや、心肺停止など命に関わる状態の場合には救急医療が必要となります。「ホケガク」はチームとして患者さんを救命し、日常生活を取り戻すサポートを行います。

救急医療に対する「ホケガク」の関わり・流れ
救急搬送 ICU 回復期 社会復帰