大学院研究科

研究科長あいさつ

研究科長 大日向輝美

 保健医療学研究科は看護学、理学療法学・作業療法学の2専攻で組織され、専攻ごとに博士課程前期、博士課程後期の課程が設置されています。博士課程前期では修士の学位を、博士課程後期においては博士の学位を取得するためのプログラムが準備され、各専門分野で研究活動を行います。

 本研究科は、「地域医療への貢献と医学・医療の攻究」という札幌医科大学の建学の精神に基づき、地域の保健・医療への貢献、各専門分野の実践への貢献、保健・医療の教育・研究への貢献、国際社会への貢献をキーワーズに、看護学・理学療法学・作業療法学それぞれの学問分野の発展と、看護・理学療法・作業療法実践の質的向上、保健・医療・福祉の充実に寄与する高い専門性と研究力を備えた研究者・実践者を育成します。

 博士課程前期では、指導教員の助けを借りつつ一連の研究過程をたどり、研究者としてのスタートラインに立つことを目標とします。専門看護師コースでは、エビデンスに裏付けられた実践力を養い、ケアとキュアの融合を実現する高度実践看護師を目指します。

 博士課程後期は、研究者として自立するための課程です。諸現象の意味を解明しようとする探究的な姿勢と、専門領域の理論とエビデンスを生成し実践に適用する研究能力を、自らの取り組みによって獲得します。

 大学院の課程には、疑問に対する答えを自分自身で発見しなければならない厳しさがあります。けれども、そこには解答を得たときの喜びと、新たな自分に出会える楽しみも同時に存在しています。専門職が行う実践の質を高め、人々の健康で幸せな生活を追究する喜びを、保健医療学研究科での研究活動を通して、皆さんとともに実感していきたいと思います。