大学院研究科

感覚・運動科学(前期)

教育研究分野紹介

 感覚・運動科学領域では,マクロに神経科学的手法を用いた応用研究として,① 脳卒中片麻痺や神経筋疾患に対するリハビリテーション(Neuroscience-based rehabilitation)に関する研究,② 脳可塑性の誘導と運動パフォーマンスの向上につながる研究,③ 高次筋機能の観点から運動器障害の予防と治療につながる研究,などを行なっています。学究的標点は,これらの研究を通じて,感覚と運動を統合する機構の解明に資することにあります。さらに,以上の研究から得られた科学的知見や技術シーズを基に,産学共同によるトランスレーショナルリサーチに取り組んでいます。

教員紹介

准教授 金子 文成

研究テーマ

  1. 脳卒中片麻痺に代表される脳脊髄疾患に対する治療アプローチの開発に関する研究
  2. 脳可塑性の誘導
  3. 複合現実,拡張現実によるトレーニング(リハビリテーション)
  4. 運動感覚機構に関する研究
  5. 筋機能の個別性と中枢神経系活動に関する研究

研究業績

原著
  1. Aoyama, T., Kaneko, F., Ohashi, Y., Nagata, H.: Surround inhibition in motor execution and motor imagery. Neuroscience Letters 629: 196-201, 2016
  2. Kimura, T., Kaneko, F., Nagahata, K., Shibata, E., Aoki, N.: Working memory training improves dual-task performance on motor tasks. Journal of Motor Behavior 11: 1-10, 2016
  3. Kaneko, F., Inada, T., Matsuda,N., Shibata, E., Koyama, S.: Acute Effect of Visually Induced Kinesthetic Illusion in Patients with Stroke: A Preliminary Report. International Journal of Neurorehabilitation 3: 212, 2016
  4. 柴田恵理子,金子文成,高橋良輔:運動感覚の生成機構に関する心理物理的指標を用いた検討.バイオメカニズム. 23: 97-106, 2016
  5. Itaguchi, Y., Kaneko, F.: Motor priming by movement observation with contralateral concurrent action execution. Acta Psychologica (Under review)
  6. Kaneko, F., Shibata, E., Hayami, T., Nagahata, K., Aoyama, T.: The association of motor imagery and kinesthetic illusion prolongs the effect of transcranial direct current stimulation on corticospinal tract excitability. Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation. Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation 13: 36-43, 2016
  7. Inada, T., Kaneko, F., Hayami, T.: Effect of kinesthetic illusion induced by visual stimulation on muscular output function after short-term immobilization. Journal of Electromyography and Kinesiology 27: 66-72, 2016
  8. 阿部大豊,金子文成,柴田恵理子,木村剛英:動画を用いた視覚刺激による自己運動錯覚が随意運動の発現に及ぼす影響.日本基礎理学療法学雑誌. 18(2): 27-34, 2015
  9. Kaneko, F., Blanchard, C., Lebar, N., Nazarian, B., Kavounoudias, A., Romaiguere, P.: Brain regions associated to a kinesthetic illusion evoked by watching a video of one's own moving hand. PLoS One 10(8): e0131970, 2015
  10. 青山敏之,金子文成,澤田辰徳,速水達也,青木信裕:ロボティックデバイスによる脳梗塞症例の上肢運動失調評価とその回復過程.理学療法学. 41(7): 447-454, 2014
  11. Kaneko, F., Hayami, T., Aoyama, T., Kizuka, T.: Motor imagery and electrical stimulation reproduce corticospinal excitability at levels similar to voluntary muscle contraction. Journal of NeuroEngineering and Rehabilitation 11:94, 2014
  12. 速水達也, 金子文成, 横井孝志, 木塚朝博 :ハプティックデバイスを用いた下肢の体性感覚‐運動関連機能の評価. バイオメカニズム. 22: 81-91, 2014
  13. Iida, N., Kaneko, F., Aoki, N., Shibata, E.: The Effect of Fatigued Internal Rotator and External Rotator Muscles of the Shoulder on the Shoulder Position Sense. Journal of Electromyography and Kinesiology. 24: 72-77, 2014
  14. Sakaki, Y., Kaneko, F., Watanabe, K., Kobayashi, T., Katayose, M., Aoki, N., Shibata, E., Yamashita, T.: Effects of different movement directions on electromyography recorded from the shoulder muscles while passing the target positions. Journal of Electromyography and Kinesiology. 23: 1362-1369, 2013
  15. Kudo, M., Watanabe, K., Otsubo, H., Kamiya, T., Kaneko, F., Katayose, M., Yamashita, T.: Analysis of effectiveness of therapeutic exercise for knee osteoarthritis and possible factors affecting outcome. Journal of Orthopaedic Science. 18(6): 932-939, 2013
  16. Makizako, H., Kaneko, F., Aoki, N., Ihira, H.: Age-Related Differences in Reaction Time Responses under Simple- and Dual-task Conditions in Middle-Aged Ski Marathon Amateur Males. International Journal of Sport and Health Science. 11: 33-38, 2013
  17. Shibata, E., Kaneko, F.: Kinesthetic perception based on integration of motor imagery and afferent inputs from antagonistic muscles with tendon vibration. Neuroscience Letters. 541: 24-28, 2013
  18. 岡和田愛実, 金子文成, 柴田恵理子, 青木信裕 : デトレーニング期間中のメンタルプラクティスが未経験運動の短期的練習効果の維持に及ぼす影響. 日本基礎理学療法学会誌. 16 (2): 47-53, 2012 (With English abstract).
  19. Aoyama, T., Kaneko, F., Hayami, T., Shibata, E : The effects of kinesthetic illusory sensation indused by a visual stimulus on the corticomotor excitability of the leg muscles. Neurosci Lett. 514: 106-109, 2012
総説
  1. 金子文成,稲田亨,松田直樹,小山聡,柴田恵理子:四肢の視覚誘導性運動錯覚に係る生理学的機序とリハビリテーションへの応用. バイオメカニズム. 23: 77-86, 2016
  2. 金子文成:拡張現実による自己運動錯覚の誘導. リハビリテーション医学. 53: 234-240,2016
  3. 金子文成:運動器疾患患者の運動学習における運動イメージの活用法. 理学療法. 32: 818-827, 2015
  4. 金子文成:脳卒中片麻痺患者における体性感覚障害が運動機能に及ぼす影響. 理学療法ジャーナル. 48: 809-816, 2014
  5. 金子文成:微小ワイヤ電極の進歩と投球動作解析への応用. 臨床スポーツ医学. 29(7): 723-729, 2012
著書
  1. 柴田恵理子,金子文成:異種感覚入力の統合により生じる運動感覚-正確な運動を知覚するために必要な感覚は?, -感覚入力で挑む(金子文成 編集), 文光堂, 東京. P180-190, 2016
  2. 金子文成:ボトムアップおよびトップダウンでおこる運動の知覚と運動の意図-統合と理学療法との関わり-, 感覚入力で挑む(金子文成 編集), 文光堂, 東京. P134-148, 2016
  3. 金子文成:どうして感覚入力か, 感覚入力で挑む(金子文成 編集), 文光堂, 東京. P2-4, 2016
  4. 金子文成:運動錯覚, 神経科学の最前線とリハビリテーション(里宇明元,牛場潤一 監修), 医歯薬出版株式会社, 東京. P173-176, 2015
  5. 金子文成:ミラーセラピー, 神経科学の最前線とリハビリテーション(里宇明元,牛場潤一 監修), 医歯薬出版株式会社, 東京. P177-178, 2015
  6. 金子文成:膝痛・腰痛患者におけるサルコペニアの運動療法, サルコペニアと運動 エビデンスと実践(島田裕之編集), 医歯薬出版株式会社, 東京. P87-100, 2014
  7. 金子文成:感覚障害に対する運動療法, 運動療法学第2版(市橋則明編集), 文光堂, 東京. P292-307, 2014
特許
  1. リハビリテーションシステム,リハビリテーション用プログラム,及びリハビリテーション方法,金子文成(90%),菅野洋平(5%),須藤友貴 (5%),特願2015-106400,2015/09/8
  2. リハビリテーション用装置、これを備えたリハビリテーションシステム、リハビリテーション用プログラムおよびリハビリテーション方法,金子文成(100%),PTC/JP2015/59851,2015/03/30
  3. リハビリテーション用装置、これを備えたリハビリテーションシステム、リハビリテーション用プログラム、およびリハビリテーション方法,金子文成(100%),特願2014-077972,2014/04/4
  4. 体性感覚運動統合評価訓練システム,金子文成(40%),増田正(30%),木塚朝博 (30%),特願2011-065207,2005/04/15,特許第5263799号,登録2013/05/10

競争的資金

研究室ホームページへのリンク

http://web.sapmed.ac.jp/sms_sns/