学部案内

教育理念・教育目標

 札幌医科大学保健医療学部は、平成5年4月の設立以降、看護学・理学療法学・作業療法学の知識と技術を高いレベルで身につけた人間性豊かな実践者、将来の研究者・教育者となりうる基盤的な能力を育み、各分野の充実・発展に貢献できる人材育成を行っています。

教育理念

 保健医療学部は、札幌医科大学の建学の精神・理念に基づき、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士に求められる専門性の高い実践能力、及びそれぞれの学問分野を探究する研究能力の基礎・基本を育むことに教育のねらいを置く。このことを通して、多様な人々との連携・協働のもとに現代社会の要請に応え、以て北海道の保健・医療・福祉の充実、ならびに学術の発展に寄与できる人材を育成する。

 本学部は、札幌医科大学が目指す地域医療への貢献のため、個々の学生が有する能力を向上・発展させ、高度な知識と優れた技術を備えた創造性に富む人間性豊かな医療人となるように支援する。

教育目標

  1. 人間の生命や人権を尊重し、様々な背景を有する人々を生活者の視点で全人的に捉え、共感をもって接することのできる人材を育成する。
  2. 文化や価値の多様性を認識し、社会的な視座で諸事象を捉えることのできる人材を育成する。
  3. 保健・医療・福祉の支えを要する個人・家族・地域社会に対して、対象の特性に応じた専門性の高い実践を行うための知識・技術の基礎・基本を高いレベルで有する人材を育成する。
  4. 専門職としての自覚と責任に基づいて、地域社会に内在する保健・医療・福祉の諸課題に向き合い、現状の改善・改革のために創造的に思考し積極的に行動できる人材を育成する。
  5. 保健・医療・福祉における自らの役割・機能を深く認識し、他職種を含む様々な立場の人々と連携・協働できる人材を育成する。
  6. 専門的能力の維持・開発に継続的に取り組むとともに、高い自己学習力と向上心をもって看護学・理学療法学・作業療法学の発展に寄与する姿勢を有する人材を育成する。