札幌医科大学のレディースクリニック

メニュー

良性疾患

子宮筋腫に対する治療

婦人科の手術の対象となる病気で最も多いのが子宮筋腫です。子宮筋腫は40才から45才の女性に最も多く見られ、この年代のだいたい4人に1人は大なり小なり子宮筋腫を持っています。

子宮筋腫の症状

  • 生理が異常に多い、その結果貧血症となる
  • 生理痛が激しくなる、薬を服用しても効かなくなる
  • お腹にしこりを触れるようになる
  • 小便が近くなる、便秘がひどくなる

などです。
発生原因は全く分かっていませんが、全て良性の腫瘍で、がん化する心配はほとんどありません。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の診断までの流れ

子宮筋腫は外来の問診から内診・超音波検査でおおよその診断が行われ、症状や手術の方法などの目的でMRIや子宮鏡検査が行われます。

子宮筋腫の症状

子宮筋腫の治療方法

手術は筋腫のみを摘出する筋腫核出術と子宮を摘出する単純子宮全摘術があります。
どちらの手術を行うかについては筋腫の状態、位置、数、これからまだ妊娠を希望されるかどうか、どうしても子宮を残したいと言う希望があるなどを考慮して決定されます。筋腫の核出には別の項で述べる開腹あるいは腹腔鏡を用いた手術があります。また、単純子宮全摘術にも腟式、腹式(開腹)そして腹腔鏡があります。どの術式を行うかは筋腫の大きさや癒着の有無などを考慮して決定されます。
札幌医大病院婦人科では開腹しないで行う腟式子宮全摘術に60年以上の経験と実績があり海外からも高い評価を受けております。さらに最近では腹腔鏡を用いた腹腔鏡下子宮摘出術筋腫核出術の手術例も積極的に行っています。

子宮下垂・子宮脱について

  • 図1.正常子宮
    図1.正常子宮
  • 図2.子宮脱
    図2.子宮脱
  • 図3.膣脱
    図3.膣脱
  • 図4.膀胱瘤(りゅう)
    図4.膀胱瘤(りゅう)
  • 図5.直腸瘤(りゅう)
    図5.直腸瘤(りゅう)

子宮の前方には膀胱が、後方には直腸が接しています(図1)。
子宮が元の位置より下がることを子宮下垂と言い、さらに下がって子宮口が腟(ちつ)から脱出することを子宮脱と言います(図2)。これは加齢や分娩そして重いものを持ち上げるなどの強い腹圧による負荷などによって子宮を支える組織が緩むことによって起こります。
すでに子宮を摘出されている場合は腟脱と呼びます(図3)。
下がってくるのは子宮や腟だけでなく隣接する膀胱や直腸も同時に下がってくることが一般で、それぞれ膀胱瘤(りゅう)(図4)、直腸瘤(りゅう)(図5)と呼びます。
膀胱瘤では排尿障害、直腸瘤では排便障害などの症状を引き起こします。最近ではこれらの病気を総称して骨盤臓器脱(POP)と呼ぶこともあります。

子宮脱、骨盤臓器脱の治療

  • 図6.ペッサーリング
    図6.ペッサーリング
  • 図7.TVM-A
    図7.TVM-A:膀胱と腟壁の間にメッシュを装着して補強します
  • 図8.TVM-P
    図8.TVM-P・直腸と腟壁の間にメッシュを装着して補強します

治療は軽症であればペッサリーリングを挿入することで改善します(図6)が、リングがすぐ抜けてしまう場合、あるいはリングの刺激で腟炎を繰り返すような場合は形成手術が必要です。
手術はかつては腟式(お腹を切らず)に下がっている腟の粘膜を切除し緩んだ組織を縫い縮る手術を行っていましたが、当院では一歩進んだ手術であるメッシュを用いて緩んだ靱帯を補強する手術 (TVM: tensionfree vaginal mesh)を積極的に取り入れ、良好な成績が得られております。TVM手術には膀胱と腟壁の間にメッシュを装着して補強するTVM-A(図7)と直腸と腟壁の間にメッシュを装着して補強するTVM-P(図8)がありますが、TVM-AとTVM-Pを同時に行うことが大半です。
また、脱の程度が重症な場合には腟そのものを閉じてしまう、腟閉鎖術を行うこともあります。いずれの手術も腟式に行うことが可能です。退院してすぐに腹圧をかけるとまた下がってくることがあるので、1ヶ月くらいは安静が必要です。入院期間は2週間程度が一般的です。