現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各コースの内容
  3. 臨床研究者コース・がんゲノム医療臨床医養成プログラム(旭川医科大学)

臨床研究者コース・がんゲノム医療臨床医養成プログラム(旭川医科大学)

最新のゲノム解析手法の特性と限界を理解した上で、得られる結果を診療現場で適切に運用し、診断・治療につなげる能力をもった先進的がん医療を実践できる医療者を養成する。このため生殖細胞系列変異、体細胞変異の双方を取り扱い、解析結果の解釈に必要なデータベースを熟知すると共に、その開発に必要とされる遺伝学や生化学からバイオインフォーマティクス領域に渡る学問領域に関して習得する。 さらに、適切な遺伝カウンセリングや各診療科からのコンサルテーションに倫理的配慮を持って対応できる人材を養成する。

教育内容の特色等

  基盤となる医学系大学院教育に加えて、核酸の取り扱いなどの基本手技はもとより、次世代シーケンサーやデジタルPCRなどの最新の解析手法の理論とプロトコールを学習する。生体試料の採取から、遺伝子解析とデータ分析に至る一連の工程を実際に体験する。さらに得られた結果の解釈と、実際に診療情報として利用するための制度を理解する。本プログラムでは履修者の専門領域の専門医取得に加えて臨床遺伝専門医の取得も可能である。
  また、本学では、これまでICTを利用した高速かつセキュリティーの高い遠隔医療システムによる先駆的医療を実践してきた。道北・道東中心の地域医療期間との間に整備されている本システムを積極的に活用し、ゲノム医療に関するカンファレンスやセミナー、カウンセリングに参加することで、地域の実情に目を向けたがんゲノム医療臨床医の育成につながる。

対象者

 医学系研究科大学院生 

修業年限(期間)

 4年

修了者のキャリアパス構想

  近年のゲノム/遺伝子解析の発展に伴い実地臨床においてもゲノム/遺伝子診断が行われるようになり、本教育コースによって養成された人材に対する社会的ニーズは今後一層高まるものと考えられる。本教育プログラムコース修了後は本学においてさらにがんを対象としたゲノム/遺伝子医療に関する研究・臨床・教育を担うスタッフとしての活躍が期待される。
  さらに地域においても適切ながんを対象としたゲノム/遺伝子医療を提供できる医療者としての活躍が期待される。

最終更新日:2018年1月16日