現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各コースの内容
  3. 基盤医学コース・臨床医学コース・希少がん・小児がんプログラム(北海道大学)

基盤医学コース・臨床医学コース・希少がん・小児がんプログラム(北海道大学)

 キャンサーボードの重要性を理解し、小児がんや肉腫・頭頸部非扁平上皮がん等の希少がんへの適格な診断、薬物療法、陽子線治療や高精度X線治療、麻酔下での診断・治療、他職種のチーム医療の重要性を理解し、的確な集学的医療の実践を行える、がん関連専門医を養成する。

教育内容の特色等

  1. 実習で、小児腫瘍、希少癌を含む各種キャンサーボードに参加・症例紹介を行い、各治療の適応を理解し、治療計画を行う能力を身に着け、診断用検査室・治療室での麻酔下での小児腫瘍の治療等を理解する。
  2. 実習で、治療後のがんサバイバーの外来診察に従事し、治療による成長障害リスクの低減の重要性などを知る。
  3. 看護師、ソーシャルワーカー、医学物理士、各診断・治療担当技師等との多職種カンファレンスに参加し、小児がんやAYA世代のがんや希少がん患者の気持ちに寄り添った医療を身に着ける。
  4. 初期研修医2年目からの入学を可能とする。
  5. 英語による講義や最近のトピックスの講義を科目として取り入れる。

対象者

 大学院医学院医学専攻博士課程大学院生

修業年限(期間)

  4年

修了者のキャリアパス構想

 放射線治療専門医、小児科専門医(腫瘍担当)、脳神経外科専門医(腫瘍担当)、小児外科学会専門医、腫瘍内科医

最終更新日:2018年1月16日