現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各コースの内容
  3. 基盤医学コース・臨床医学コース・がんゲノム医療学プログラム(北海道大学)

基盤医学コース・臨床医学コース・がんゲノム医療学プログラム(北海道大学)

 個人のがんゲノム情報(体細胞変異および胚細胞変異)を調べ、その結果に基づいてより効率的・効果的な診断、治療、予防を行う「がんゲノム医療」を推進する人材を養成する。がん薬物療法や放射線療法、外科療法、病理診断等において、ゲノム医学・ゲノム医療の基礎研究や臨床研究を担う高度な研究能力を有する医学研究者、また実地診療においてがんゲノム医療の臨床実装を牽引できる臨床医を養成する。

教育内容の特色等

  ①がんゲノム医療学に関わるゲノム情報(体細胞変異および胚細胞変異)の分子生物学について修得するとともに、②生体試料の取扱い・核酸抽出精製や、次世代シークエンサーを用いた遺伝子検査の原理・方法・解析パイプライン・結果解釈・臨床的意義付け、治療選択、さらには患者・家族への伝え方、多職種連携、意思決定支援など、一連のがんゲノム医療について修得し、③がんゲノム医療(クリニカルシークエンス)チームカンファレンス等に参加して実践的に実習し、④がんプロや学会等のe-learningを用いて自己学習して、がんゲノム医療の臨床実装に対応できる医学研究者、専門医を養成する。初期研修医2年目からの入学を可能とする。

対象者

 大学院医学院博士課程医学専攻博士課程大学院生

修業年限(期間)

  4年

修了者のキャリアパス構想

 がんゲノム医療(クリニカルシークエンス)チームを管理運営できるチームリーダー、がんゲノム医療に精通した腫瘍内科医、放射線治療医、外科医、病理診断医、ゲノム研究者、ゲノムインフォーマテイシャン等、次世代のがん専門医療を担う人材としてのキャリアパスが拓かれている。取得可能な専門医として、がん薬物療法専門医、放射線治療専門医、病理専門医等。

最終更新日:2018年1月16日