現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各コースの内容
  3. 臨床腫瘍医学コース

臨床腫瘍医学コース

内科系臨床腫瘍医養成プログラム

実施校:札幌医科大学
がん薬物療法や緩和医療などの臨床腫瘍学の最新の知識を体系的に習得し、適切な治療計画を考案することができるとともに、地域のがん診療のニーズを十分に理解し、地域の状況に対応した適切ながん診療ができる医師を養成する。

臨床腫瘍学の体系的な学習だけではなく、大学と地域医療機関でがん薬物治療、緩和医療、内視鏡治療などのがん診療を幅広く実習することにより、地域の状況に対応したがん診療ができる医師が養成できる。

がん外科療法専門医養成プログラム

実施校:札幌医科大学
消化器、呼吸器、乳腺、生殖器、泌尿器領域の幅広いがん腫の外科療法に関する最新の知識を習得し、適切な外科療法の治療計画を考案することができる外科系臨床腫瘍医を養成する。単なる知識の習得だけではなく、地域のニーズを理解した上で患者に医療提供し、地域のがん医療を支えることのできるプロドクターの育成を目指す。 

先進放射線腫瘍学プログラム

実施校:札幌医科大学
先端放射線腫瘍学及び医学物理学などを医療従事者に対し提供できる、あるいは先進的放射線治療の研究・開発ができる人材並びに放射線治療医、医学物理士として臨床現場にて臨床技術の進歩に柔軟に対応できる地域がん医療に貢献できる人材を養成する。

医学・物理学的思考法を高度医療に応用できる力、医学的観点から生体の機能・構造、医学・疾病治療を理解する力を持った人材を養成する。

チーム医療をリードできる力、チーム構成員間の互いの尊敬・協力関係を醸成し、協調的グループをつくる力を持った人材を養成する。

医療機器の研究・開発ができる力、医療機器の構造と原理を理解し、応用する力をもった人材を養成する。

がん疼痛緩和医療学プログラム

実施校:札幌医科大学
がんとその合併症及び患者が有する器質疾患による傷みや吐き気などの症状、精神的症状及び社会的背景に関する薬物治療、神経ブロック、行動療法、心理療法を習得して、地域医療機関でスタッフとして診療を実践でき、研究開発も行える素養を持つ医師を養成する。

最終更新日:2012年11月14日



メニュー