<<「中堅看護職員対象」へ戻る

役割別研修プログラム「平成29年度 実地指導者研修」報告

 平成29年度の実地指導者の研修が、2月と3月に行われました。

「看護教育に関する知識」「看護技術の指導方法」

平成29年度 実地指導者研修
  • 新人看護職員を教育する上での基盤となる知識と、看護技術の定義、目的と原理、技術習得課程や指導のポイントを学びました
▲ 保健医療学部長 大日向輝美 教授  

「組織の教育システム」

平成29年度 実地指導者研修
  • 当院の新人看護職員研修制度と実地指導者の役割、社会人基礎力について学びました
▲ 梅田聖子 副部長  

「メンタルヘルス」

平成29年度 実地指導者研修
  • 新人看護師が抱える悩みや回復過程について具体的な紹介がありました
▲ 煤賀隆宏 精神看護専門看護師  

「新人看護職員の学習支援」

平成29年度 実地指導者研修
  • 成人学習の特徴とそれを活用した教育的介入を学びました
  • 学習者のタイプと自分の指導のタイプを、場面に応じて使い分けることも必要であると学びました
▲ 札幌市立大学 松浦和代 教授  

 

平成29年度 実地指導者研修
  • 指導する際の立ち位置の確認をしています

「コーチング」

平成29年度 実地指導者研修
  • コーチングとティーチングの使い分け、傾聴・質問・承認のスキルなどを学び、会話時の態度やアサーティブな表現方法などをグループでロールプレイしました
▲ コーチングOffice代表 上前拓也 コーチ  

看護職員の皆さまへ

キャリアarekore情報室

資料の新着情報をお知らせします。

詳しくはこちら

看護スキルスラボ

事前の予約が必要です。

使用申込書
物品借用願出書