<<「中堅看護職員対象」へ戻る

役割別研修プログラム 研修報告

対象:副看護師長
「副看護師長研修報告」第二報

 今年度、副看護師長研修は「ファシリテーション」をテーマとして、平成27年度8月7日「ひとづくり工房 esuco代表」の浦山絵里先生の講義の後、各自の管理課題に対する計画をもとに実践し、平成28年1月26日、報告会を開催しました。

 今回は、【ワールドカフェ方式】によるグループワークを行いました。各グループで実践報告し合い、実践での成功の要因を「成功のキーワード」として模造紙に書き出します。その後、他のグループに“旅人”とし出かけ、模造紙に記載された内容をもとにディスカッションを行います。そして、旅人は再び自分のグループに戻り情報を伝えます。ワールドカフェを行うことで、多くの意見・新たな考え方を共有することができたようでした。副看護師長が、スタッフとの面接や事例検討会での進行役、院内研修でのファシリテーターなど様々な場面において、学んだスキルを駆使し役割を発揮していることが伝わってきました。

 今後も、各副看護師長には、研修の学びを活かして、院内・部署のスタッフ育成に活躍することを期待しています。

「副看護師長研修報告」第二報 「副看護師長研修報告」第二報
「副看護師長研修報告」第二報 「副看護師長研修報告」第二報

対象:副看護師長
「副看護師長研修報告」第一報

 平成27年8月7日に、副看護師長研修を開催しました。副看護師長は、現在52名がおり、各看護室や各部門に配属され活躍しています。スタッフ指導はもちろん、各研修では援助者としての役割も多く担っています。そこで「ファシリテーション」について皆で学ぶ機会を持ちたく、今回の研修を企画しました。今回講師を依頼しました「ひとづくり工房 esuco代表」の浦山絵里先生には、『ファシリテ-ション型リーダーシップ』~スタッフ指導に役立つスキルを学ぶ~というテーマで、お話しいただきました。

 ファシリテーターとは何か、そのスキルを活用してどのように問題解決をしていくと有効なのかについて、講義の中に多くの演習を取り入れて説明をしていただきました。対象をリラックスさせることによる効果や相手の思いを引き出す方法なども、先生自身が使われているスキルを感じながら、演習内容を実際に体験できた内容でした。

 研修の後は、自己の管理課題に対して計画をたててそれぞれ実践に入っていますが、それらの報告会は、来年1月に予定しています。

副看護師長研修
副看護師長研修

看護職員の皆さまへ

キャリアarekore情報室

資料の新着情報をお知らせします。

詳しくはこちら

看護スキルスラボ

事前の予約が必要です。

使用申込書
物品借用願出書