現在位置の階層

  1. ホーム
  2. センター紹介
  3. 病院長メッセージ

病院長メッセージ

医師としてスタートラインに立つ君へ

病院長写真

札幌医科大学附属病院 病院長 山下 敏彦

今、医師としての第一歩を踏み出そうとしている君。スタートラインに立ち、眼前に広がる医師としての道のり、人生に大きな夢と希望を抱いていることと思います。

君の未来は可能性にあふれていますが、医師として順調に力を伸ばし、近い将来に大輪の花を咲かせるためには、そのスタートにおいて、いかに良い研修を行うかが極めて重要になります。基本的な医療技術・知識を修得することはもちろんですが、医師としての問題解決能力、状況判断力・決断力さらにはコミュニケーション能力など、いわゆるノンテクニカル・スキルを養うことが大切です。

札幌医大は「最高レベルの医科大学をめざして」をスローガンに掲げています。その言葉にたがわず、札幌医大の各診療科や診療部門では、国際レベルの高度な医療水準・技術を維持し、先端的臨床研究を展開しています。それだけでなく、札幌医大の教員や医療スタッフは、Faculty Development (教員能力開発)などを通して教育マインドを身につけており、皆「教えること」「後進を育てること」への情熱にあふれています。

札幌医大附属病院の初期臨床研修システムは、道内全域の研修協力病院と連携し、多様な研修コースが用意されており、研修内容も自由度に富んでいます。また、後期研修では、医学博士の学位や専門医資格の取得も視野に入れつつ、高度な専門性を獲得できるシステムを構築しています。

 若いパワーとモチベーションにあふれた君と、一緒に学び、考え、そして患者さんのために汗を流すことができるのを、札幌医大附属病院・関連施設の教員・スタッフ一同楽しみにしています。

最終更新日:2014年04月16日




サイト・マップ