現在位置の階層

  1. ホーム
  2. センター紹介
  3. センター長メッセージ

センター長メッセージ

患者さんのため、そして、自分のための初期臨床研修

臨床研修センター長写真

臨床研修センター長 舛森 直哉

当院の臨床研修センターホームページをご覧になっている皆さんの中には、 医学部における6年間の医学教育の終了目途がつき、どこで初期臨床研修を始めようか、そして、将来どこに進もうかと思い悩んでいる方も多いかと存じます。厚生労働省のホームページにあるように、平成16年から医師臨床研修制度は努力規定から2年以上の必修となりました。初期臨床研修は、「患者さんのため」に、医師としての人格を涵養し、プライマリ・ケアの基本的な診療能力を修得することなどを基本的な考え方としています。皆さんは、卒業後初めて社会に踏み出す方がほとんどだと思いますが、医師としてのみならず社会人としての人格を涵養するためには、優秀な指導医やメディカルスタッフ、さらには、患者さんの協力から構成される風通しの良い職場環境が必要不可欠です。
「人間性豊かな医療人の育成」、「道民に対する医療サービスの向上」、「国際的・先進的な研究の推進」を理念とする札幌医科大学は、良好な環境を整備し、医師としての人格、すなわち、患者さんの心理的・社会的側面を含む全人的医療を身につけた数多くの優秀な医師を輩出しています。十分な症例数を擁する札幌医科大学附属病院および関連研修病院プログラムでは、個人の希望に沿った研修が選択できるばかりではなく、新たに開始される専門医研修や学位取得などに円滑に移行するための合理的なシステムが構築されています。皆さんの輝かしいキャリアの第一歩となるべく「自分のための」初期臨床研修を、私どもと一緒に札幌医科大学で行っていただけるように願っています。

最終更新日:2016年04月07日




サイト・マップ