がん診療地域支援室

業務内容

1.地域医療機関への診療支援

 札幌医科大学附属病院腫瘍診療センターにおきましては、地域医療機関からの紹介患者の受け入れを行なうとともに、行政機関、福祉施設等との情報交換の中から治療後の患者さまの適切な地域医療機関への紹介業務を行っております。

2.病院-病院、病院-診療所連携

 札幌医科大学附属病院腫瘍診療センターにおきましては、紹介患者に対する円滑な患者サービスの実現として医療情報提供、医療支援等によってかかりつけ病院との診療連携という体制を築き、先進医療、標準治療や集学的治療の一環として医療協力もしくは最新情報の提供を行っております。

3.研修会

 癌の診療に携わるメディカルスタッフの院内向け研修会の他、地域医療機関の医療従事者のための研修会を実施します。医療従事者に対して幅広く、高度先進および標準的がん治療の提供のための理解と普及を介して、患者さまのためになる総合的なチーム医療の推進も併せて行っております。

(支援イメージ)

支援イメージ

室長あいさつ

 地域において高度で良質ながん医療の提供を実現するためには、標準的で集学的な治療を適切に実施できる診療機能を有することが求められます。そのためには、各医療機関の機能分担や情報協力、さらには、がん患者さまとそのご家族に対する支援の充実が不可欠であり、がん診療に携わる医療機関との病病連携、病診連携といった形での連携体制の構築が大変重要となっています。

 「がん診療連携拠点病院」である当院の役割は、最先端の医療を地域の隅々の患者さままでお届けすることにあります。がん診療地域支援室は、道内各地域の医療機関への診療支援や情報提供が円滑に進むよう、新患外来予約やセカンドオピニオン外来予約などの業務を通して連携関係の強化に努めてまいりますので、ご協力をいただきますようよろしくお願いします。

がん診療地域支援室長 竹政 伊知朗

室員名簿

職名 氏名 所属等
室長 竹政 伊知朗 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 教授
副室長 宮西 浩嗣 腫瘍内科 准教授
副室長 九冨 五郎 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 講師

事務局スタッフ

氏名 所属等
髙橋 由美子 医療連携福祉センター 副センター長
夏堀 雄介 医療連携福祉センター 係長
竹内 浩子 医療連携福祉センター 主任
不破 浩恵 医療連携福祉センター 主任看護師

ページの先頭へ