ご挨拶

本講座は1968年、生化学講座から新設された生化学第二講座としてスタートしました。初代の坂上利夫教授、二代目の加納英雄教授を経て、2008年より名称を生化学講座と変更し、三代目となる豊田実教授が就任されました。それに伴い講座の研究テーマも、豊田教授が専門とされていた癌の分子生物学、とくに癌エピジェネティクス研究にシフトしました。2011年には名称を分子生物学講座に変更し、教室の発展を目指していた矢先、2011年6月に豊田教授が癌で急逝されました。早すぎる恩師の死に、私たちは否応なく己の無力さを痛感させられました。しかし、豊田教授が開拓した研究を少しでも発展させたいと教室員一同が踏みとどまり、関係各位のご指導により2012年8月より鈴木が四代目教授を務めさせて頂けることになりました。
本講座では、疾患、とくに癌の分子機構を遺伝子・分子レベルで解明し、診断・治療へ応用することを目指しています。特に、エピジェネティクスおよびエピゲノムをキーワードに、癌におけるDNAメチル化、ヒストン修飾、機能性RNAなどの役割について研究しています。また医学部教育では、分子生物学(前期)を担当し、DNAからRNA、タンパクへの流れを学習し、ポストゲノム時代の医学に重要な遺伝子機能の基礎知識の取得を目指し、講義および実習を行っています。

札幌医科大学医学部分子生物学講座
教授 鈴木 拓









TOPへ戻る