【研究内容・講義】



 基礎配属
   生化学は発生や老化、疾患などの生命現象をDNAやRNA、タンパク質などの分子
  レベルで調べる学問です。分子生物学講座のメイン研究テーマは「エピジェネティ
  クス」で、主に疾患におけるDNAメチル化による遺伝子制御機構について研究して
  います。
   DNAメチル化は遺伝子の配列に変化を与えることなく、分裂後の細胞に遺伝情報
  を伝達し、遺伝子発現制御に重要な役割を果たします。
   基礎配属では、癌や炎症などの疾患におけるDNAメチル化の異常について、自ら
  実験し、疾患の新しい診断法や治療法開発につながる知見を見つけて頂きます。
   主な研究テーマは以下の通りです。

    1. 癌において異常メチル化している新規癌抑制遺伝子の同定。
    2. 慢性胃炎におけるDNAメチル化の解析による発癌リスク予測
    3. DNAメチル化を標的とした新しい癌治療法の開発
    4. マイクロRNAや非コードRNAなどの機能性RNAのエピジェネティック異常
    5. 癌幹細胞におけるDNAメチル化、ヒストン修飾異常の解析

    実験手技:
    細胞培養、DNA・RNAの抽出、PCR、DNAメチル化解析、シークエンス、
    遺伝子産物の細胞内局在の解析

   研究テーマは、指導教員と相談の上決定し、実験手法や解析手法について指導を
  受けながら研究を行います。研究成果は研究室のミーティングで発表して頂きます。
  希望者には、研究をさらに進め学会発表もして頂きます。
   癌、遺伝子、ゲノムに興味がある学生さんは、是非、分子生物学講座の基礎配置で
  世界最先端の遺伝子研究を体験して下さい。



 講義
  分子生物学【前期】

   ヒトは遺伝子を通してゲノムの情報によってつくられており、遺伝子やゲノムの
  知識は遺伝病の診療に必要なだけでなく、あらゆる疾患の診断と治 療に必要な知識
  である。遺伝子からタンパク質への遺伝情報に関する生化学的、分子生物学的基礎
  知識を理解し、発生、老化、疾患や再生などの生 命現象を分子的視点から考えるた
  めの知識を身につけることを目標とする。
   そのため、DNAやRNA、タンパク質の基本構造や生成と修飾、転写因子や DNA
  また、PCRやメチル化・ヒストン修飾による遺伝子発現制御の分子機構を正しく理
  解する。cDNAクローニングと遺伝子発現など、様々な分野で用いられる遺伝子工学
  的手法についても概説する。



TOPへ戻る