【沿革】



 本講座は1968年、生化学講座から新設された生化学第二講座としてスタートした。

 初代・坂上利夫教授、二代・加納英雄教授を経て、2008年より名称を生化学講座に
 変更し、三代・豊田 実教授が就任。その後、2011年に分子生物学講座へ名称変更
 し、2012年より四代・鈴木 拓教授が主宰している。

 これまで、札幌医科大学医学部付属がん研究所生化学講座・佐々木輝捷教授、
 福島医科大学医学部付属生体情報伝達研究所細胞 科学研究部門・和田郁夫教授、
 千葉大学大学院理学研究科生体機能化学研究室・坂根郁夫教授を輩出している。





TOPへ戻る