「人類を病の苦しみから救うために研究をおこなう」ことが、私たちの使命です。 私たちは、患者さん自らの骨髄幹細胞を用いて 糖尿病と認知症を治すことを目標に、 日夜研究に励んでいます。 また、「何故病気になるのか?」という 疾病の根本原因に迫る研究を行っています。 この問題を解決しないことには、 真の意味で人類を救うことにはならないからです。 細胞のありのままの姿や形を真摯に眺め、 驚きと発見の歓びに満ちた研究室でありたいと願っています。

本講座は医学部の肉眼解剖学教室を担当しています。
札幌医科大学白菊会の皆様の献体で可能になる解剖学実習を通じて、
人間性豊かな医師の育成に務めています。

研究においては、「骨髄間葉系幹細胞を用いた糖尿病と認知症の治療」を目指しています。
高齢化社会における2大疾患を治癒に導くことで、
人類の健康と幸福に貢献することが我々の使命と考えています。

講演会・セミナー案内

現在、表示する情報がありません



メニュー